飼いやすい犬種とは

犬

ヨークシャテリアは幅広い世代で人気のある犬種です。その理由は小型犬の中でも特に小さいが為の利点や人懐こく、またお手入れも比較的楽で、初心者でも受け入れやすい事があげられます。しかし、どの犬種も同じですが飼育する前には知識を学ぶ事が大切です。

ぬいぐるみみたいな小型犬

飼い主とペット

世界的にも人気のあるポメラニアンはぬいぐるみのような愛らしい見た目と活発でアクティブな性質をもつ小型犬です。甘えっこで飼い主と遊ぶことも大好きですが、一人遊びも得意で留守番をすることも苦にしません。協調性もあるので多頭飼いにも向いています。

信頼できるか見極める

ドッグ

初めて犬を飼う人や知識のない人は、ペットショップやブリーダー等の犬を販売しているお店から買うほうが良いでしょう。犬を飼う時はお店がきちんとしたお店か調べる必要があります。なぜなら購入した後もお店との付き合いがあるからです。

早期発見が重要

猫

猫も肝臓病になる可能性があります。肝臓には様々な機能があり、生きていく上で重要な役割を担っている臓器の1つです。肝臓は病気の症状が現れにくい臓器で、気付いた時にはすでに病気が進んでいるということもあります。そのため、沈黙の臓器と呼ばれています。病気を早期に発見するためには、定期的な検診が重要になってきます。肝臓の異常は血液検査で知ることができます。また初期の段階に現れる症状として、食欲がなくなるや、体重が落ちる、元気がなくなるなどがあります。猫の肝臓病の原因としては様々な原因が考えられます。1つ目は感染性の肝臓病です。これは、ウイルスや細菌に感染することによって起こるものです。2つ目はガンなど腫瘍による肝臓病です。3つ目としては、まだ原因がはっきりしていない慢性的な肝臓病です。猫の肝臓病の治療法としては、肝臓にかかる負担を少なくして健康な肝細胞を増やし肝機能の回復を目指す再生治療が一般的です。肝臓病は他の病気から引き起こされることもあるため、その元の病気の治療を行うことも重要です。また猫の肝臓病には食事療法も有効です。食事療法のポイントとしては、肝臓に負担をかけないよう消化性の良い良質なタンパク質を適正量摂ることや、肝臓病に対応する栄養素を摂ることです。現在では、市販のキャットフードでも肝臓病に配慮したものが売られている為、そのようなものを選ぶようにすると良いです。また病院で獣医師に相談する必要もあります。